FC2ブログ

ジーンズ・デニム リペア専門店 Resuly blog

リスリーの日々の出来事などを公開。


ストロングホールドのカバーオール

寒いですね~!
やっと、コタツを出してもらったリスリー松田です。



12月に入り、今年も残りわずか!
年々、月日の流れが早く感じますが
今回のご紹介は、100年前のカバーオール
私の倍以上は、生きています。(服やから死んでるか)



1895年LAで創業されたワークウエアブランド、THE Stronghold【ストロングホールド】
LA最古のデニムカンパニーで、当時リーバイスのライバルとも言われる存在で、ローカルワークブランドとして労働者達から愛されてブランドです。
映画での使用こともありLAでは名高いブランドでしたが、大量生産や全米流通型の波にのまれ、1930年代後半に倒産しブランドとともに消滅してしまいました。




知人の私物!当店に修復依頼。
完全なオタクの服です。
オイルでベタベタで労働者の臭いがプンプン!
この年代の物にしては、コンディションは良いが、着れる服では無いですね。
DSC_4576_convert_20121204174329.jpg


画像では、分かりにくいが、薄っすらブランドロゴ残っています。
DSC_4577_convert_20121204174359.jpg


ボタンの劣化具合も年輪を感じます。
DSC_4582_convert_20121204174427.jpg


この当時は、チェンジボタン!学ランと一緒やね。
DSC_4585_convert_20121204174455.jpg


このカバーオール!オタク業界では、40~50万するらしい(まじで・・・)
DSC_4587_convert_20121204174542.jpg


開業して、3年程経ちますが、今までで一番古いんちゃうかな?
小さい穴直すだけでも、メチャ気い使います。

古い物、独特の風合い、カッコよさはありますが
ここまで古いとよう分かりませんわ!

でも、100年前の作業服、現在の洋服にもディテールなどが取り込まれており
男の好きな物って時代が流れても変わらんもんやなぁと痛感いたしました。


ヴィンテージのお直しは、是非リスリーまで
http://www.resuly.com

Comments

 
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

« »

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

リスリー 松田

Author:リスリー 松田
Resuly(リスリー)
〒550-0013
大阪府西区新町1-2-5 KSB新町ビル4F 
TEL 06-6534-6776
URL http://www.resuly.com

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login